« カブ | トップページ | 艦これ 2015 冬イベント »

2015年2月10日 (火)

無題

『はらふくるるわざ』なので書くのです。

シリアへの渡航を計画したフリージャーナリストに旅券返納命令

「報道の自由」、知る権利は憲法で保障されています。
では、今回の場合何が問題なのか。
言うまでもなく、危険地域であり日本人は現地で一つ間違えば人質になる。
現地では人質がビジネスにもなっており、ガイドですら信頼はできない状況である。

日本人は、先の人質事件で地ならしされ「今度は交渉に応じるかもしれない。攫う価値はある」と考えられていてもおかしくない。

だいたい一度国家間で約束された「支援をやめるべきだ」などと驚愕の発言をする政治家(仮)がいるような国なのである。
ピンボケの平和ボケである。
「ほら見たことか」
と言って政権攻撃のスタンドプレーをしたいだけで、そもそも人質の命なんて考えてない。
だいたい、そんなことをすれば、日本の国と国民は100年は世界中から信用されなくなる。

それこそ「今度は交渉に応じるかもしれない」と判断され人質事件が再び起こるる元にすらなりかねない。

―・―・―・―

そんな状況下での渡航を計画し、旅券を没収されたことで

「憲法に抵触する可能性がある。訴訟を検討中」

ということであれば、まず渡航を計画した段階で

「日本政府は万が一の場合自分のために一切の交渉をする必要はない」

という一筆を入れるのみならず、広く国民に知らせるべく新聞社に発表するなりする必要があるのではないですか? それがジャーナリスト魂であり覚悟ではないですか?

ジャーナリストとしての仕事をしたいと思うその心は尊いものですが、万一人質になるようなことがあれば、引き換えになるのは小国の軍隊を養えるような資金だったり、解放されれば今後も数十人、数百人の罪もない人の命を奪う可能性のある人間を再び野に放つことだったりするのです。

最初に戻ります。

「報道の自由」知る権利は憲法で保障されています。

しかしながら自由には義務も伴うのです。その義務は法に定められたものだけでなく、個々の覚悟や責任感に基づくものもあるのではないでしょうか。

|

« カブ | トップページ | 艦これ 2015 冬イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153467/61113203

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« カブ | トップページ | 艦これ 2015 冬イベント »